海外 移住 ランキング

海外 移住 ランキング

第5位 メキシコ
メキシコというと、ちょっと治安が不安なイメージがあります。ですが調べてみると、日本人が多く住んでいる比較的安全な場所があったり、観光地としてはカンクンがあったりするので場所さえ選べば楽しく暮らせそうな場所です。今はトランプ大統領で国境問題がどうなるか不安な点もありますが、アメリカとはお隣り同士なので、旅行でアメリカの観光地を訪れるのも時間がかからないのも魅力的です。
第4位 タイ
タイに対してどんなイメージを持っているかというと、物価が安い、マッサージが安い(笑)あとは一年を通して気候が安定しているということでしょうか。タイであれば日本人が住みよい地域も確立されているでしょうし、わりと住みやすい国だと思ってます。特に魅力なのは、タイに入れば周辺各国への旅行(シンガポール、マレーシアなど)へ行きやすそうで、それも魅力の一つです。
第3位 シンガポール
シンガポールはアジアで最も豊かな国と言われています。イメージとしても、ビルが沢山立ち並んでいて、華やかな印象がありますね。ビルの上に船があるマリーナベイサンズは名前を知らなくとも、シンガポールと言われて真っ先に連想する建物だと思います。また、すでに日本人コミュニティも充実していることから、海外に住むことに不安を感じる人でも安心して住めそうです。和食なども多くあるようなので日本が恋しくなった時も大丈夫そうですね。
第2位 カナダ
カナダは自然がいっぱいでとにかく国土が広く、一番良いのはアメリカと違って銃社会じゃないところですね。日本と同じく、普通に暮らしていて心から安心できる所が魅力的です。また、自然が好きな方にはカナディアンロッキーへの旅行やナイアガラの滝など、大自然を謳歌できる旅行を楽しめる所がいいですね。空気も綺麗そうで、留学先としても良さそうです。英語圏ですので、安心して行くことができます。近隣の国といえばアメリカですが、カナダだけでも十分に旅行は楽しめそうですし、治安的にも安心して住めそうな国と言えるでしょう。ただ、冬は想像できないくらい寒そうなので寒さに強い方は是非(笑)
第1位 アメリカ
実は一度3年ほどアメリカのミシガンに駐在したことがあります。その経験上、また住みたいと思ったのがアメリカです。アメリカと言っても国土が広く、州によっての住み心地もだいぶ変わってくるのですが、全体の印象としてはとにかく、アメリカ人はおおらかで子育て世代にも優しく、子供を抱っこして店に入ろうとすれば必ず前の人がドアを開けて待っていてくれるような、温かい人たちばかりです。日本のようにちょっとギスギスした感じはありません。その分接客やサービスは雑すぎるくらいで、納期や時間を守る日本人としては若干イライラもさせられるのは事実です。その点さえ目を潰れれば、住みよい国NO!銃社会とか色々考えさせられる所もありますが、最後は「人」だと私は思います。

 

 

日本の中での移住希望

 

東京生まれの東京育ち、現在も23区西部に住んでいる私。一時神奈川に住んだことがありましたが、それでもやはり故郷である東京がしっくりくると、東京住まいを続けています。そんな私ですが、ここ数年ずっと憧れていることがあります。それは東北地方への移住です。もともと旅行が趣味で、2回に1回は東北へと足が向いてしまうという東北好き。訪れれば訪れるほど、どんどん好きになっていくのです。雄大な自然、美味しい山海の幸、幾多もの出で湯に、旨い地酒。そしてなにより、人が温かい。旅で出会う人が皆、素朴で温かく優しい雰囲気を持っています。観光客に対する商売気のようなものは、そこに感じたことはありません。もい移住できたなら、広い東北各地も巡りやすくなる。秘湯も味覚も自然もすぐ近くにあるなんて、そんな贅沢なことはありません。そこまで惚れている東北ですが、ではなぜ移住していない、いや、できていないのでしょうか。その大きな原因のひとつが、職に対する不安なのです。東京は、良くも悪くも多種多様な仕事で溢れています。そんな環境でしか生きて来なかった私には、これといった技術や特技はありません。現在の仕事も転職後に活かせるものでもありません。そんな状態では、やはり移住はまだ無理。ですから今は東京で頑張って働き、早めにリタイアして東北の地に住む。それが一番自分にとって移住を確実にする方法だと言い聞かせ、日々の仕事を頑張っています。いつかは絶対、東北だ!